終電を気にしてあげる

余裕を持とう

終電の1時間前には帰ろう

どんなに相手と打ち解けて仲良くおしゃべりをしていても終電を気にしてあげることが大切です。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますし、一緒にいて楽しい時間を過ごすことが出来れば出会い系サイトでは恋人や結婚相手を探しに利用しているわけですから当然一緒にいて楽しいと思える相手がいれば心惹かれていきますよね。

この人と付き合ったら楽しい時間を過ごすことが出来るのではないか?って考えてしまうものですよね。

しかし、いくら楽しい時間を過ごしてもっと一緒にいたいと思っていても男性は必ず終電を気にしてあげるようにしてあげましょう。

恋愛は余裕を持って過ごすことが何よりも大事です。

いくら楽しい時間を過ごせているからと言って次の日は仕事かもしれないですし、あえて終電を逃そうとしているのではないの?って女性から思われてしまったら下心があってあえて終電を逃そうとしているのではないか?ってマイナスな印象を与えてしまいます。

せっかくいい印象を与えているのであれば少しでもマイナスな印象を与えるようなことはしてはいけません。

最初のデートや二回目のデートではまず相手にどれだけ好印象のままデートを終わらせることだけを意識を向けましょう。好印象を与えつづけることで付き合うことに至ります。

ですから午後10時ぐらいになったら終電ってどれくらいまで?って聞いてあげたほうがいいですよね。

もし女性側は終電は気にしなくていいよ!って言ってきたらそのまま終電を越えて楽しめばいいだけです。

無理やり終電を逃そうとしてがっついた行動をとるようなことだけは避けましょう。