架空請求メール

冷静に対処しよう

難しい文章でメールが届く

インターネットが日本で定着して設備や環境が整ってもはや20年近く経っていてもはやインターネットがない世界というのは考えられないですよね。

若者はインターネットを中心とした生活を送っていることと思います。とはいえまだまだインターネットに不慣れな方も居ます。

普段はインターネットを使わない仕事をしている人もいれば基本的にはスマホのアプリやラインぐらいしか使っていないと言う人も多いです。

特にご年配の方は家にパソコンや携帯もスマホではないと言う人もいるでしょう。

あまりインターネットを取り巻く環境ではない人がサクラメールに騙されてしまうのが架空請求メールです。悪徳業者の出会い系サイトを登録をしてしまったら架空請求メールが届いてしまって怖くなって払ってしまったと言う人が居ます。

特に年配の方は支払い請求が来たら支払うものだと思ってしまって何回も払ってしまったと言う人も居ます。

架空請求メールの中身を見ると長文で難しい公的文書の内容で本当に払わなくてはいけないものだと思ってしまいます。

しかし、本当の支払い請求の場合は名指しで届きますよね。架空請求メールの場合は名前で届くことはありません。

さらに中を見て最後のほうに支払先や電話番号が書かれていると思いますのでインターネットで調べてみましょう。

すると必ず悪徳業者ですので支払ってはいけないと表示されると思います。

身に覚えのないものに関しては払ってはいけません。