18歳以上の年齢確認

法律で決まっている

証明方法は複数ある

出会い系サイトでメールアドレスと電話番号の登録が完了したらひとまず登録自体は完了です。

しかし、このままだと出会い系サイトを完全に利用することは出来ずに機能制限がかかったままとなってしまいます。

具体的にどういったことが出来ないのかというと相手にメッセージを送ったり届いたメッセージを開いて確認することが出来ません。

つまり実質的に出会い系サイトを利用することが出来ない状況のままです。

というのは出会い系サイトは法律で18歳以上でないと利用することが出来ないと定められています。そのため18歳以上の年齢確認を行って運営側から認証されない限り利用不可なのです。

これはよくホームページ上で【18歳以上ですか?】という質問に対して「はい」か『いいえ』のボタンで「はい」を押せば認証されるというものではありません。

出会い系サイトを利用するのであればキチンと証明をしなくてはいけません。

ではどのようにすれば良いのかというと大きく分けて二つあります。

①クレジットカードで証明
②写メやFAXで運営に送る

①のクレジットカードで証明をするというのが一番簡単です。出会い系サイトでポイントをクレジットカードで購入すれば証明となります。

クレジットカードは18歳以上しか所有することが出来ませんからクレジットカードを持っているということが18歳以上の証明になります。

クレジットカードを持っている方はこの方法が一番手っ取り早いです。

しかし、クレジットカードを持っていない人も当然居ますよね。

そういった人は②写メやFAXで運営に送るやり方をしましょう。

運転免許証やパスポートなどの公的に証明できる身分証明書を送りましょう。

この時に写メやFAXを送る際に顔写真・名前・住所は伏せた状態で送ります。運営に送って問題がなければすぐに認可されます。

この年齢証明が一番面倒で手間がかかりますが、一度証明されたらそれ以降はする必要ないので慌てずに行いましょう。